有名人の名言・格言集

あなたの人生を豊かにする名言集

トーベ・ヤンソン(Tove Jansson)の格言・名言

      2015/08/01

1 2

Tove Jansson

フィンランド(ヘルシンキ)の画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家。代表作は『ムーミン』シリーズ。

生: 1914年8月9日
没: 2001年6月27日(享年86歳)

(スナフキンの)格言・名言

自分できれいだと思うものは、なんでもぼくのものさ。その気になれば、 世界中でもね。

I own everything that I see and everything that pleases me. I own the entire world.

スポンサーリンク

人の涙をもてあそんだり、人の悲しみをかえりみない者が涙を流すなんておかしいじゃないか。

だれかを崇拝しすぎると、ほんとうの自由は、得られないんだよ。

One can never be truly free if one admires others too much.

今日、ぼくらは、とびっきり特別なことをしなくっちゃ!だって、すばらしい天気になりそうだもの。

Today we must do something very special, for it will be a glorious day.

なんでも自分のものにして、持って帰ろうとすると、むずかしいものなんだよ。ぼくは、見るだけにしているんだ。そして立ち去る時は、それを頭の中へしまっておくのさ。ぼくはそれで、かばんをもち歩くよりも、ずっとたのしいね。

Everything gets so difficult if you want to own things. I just look at them – and then when I continue on my way I can remember them in my head. I prefer that to dragging a suitcase.

大切なのは、自分のしたいことを、自分で知ってることだよ。

あんまり大袈裟に考えすぎない様にしろよ。何でも大きくしすぎちゃ駄目だぜ。

自然を感じるだろ…?強い風の前に立って自分達に向かって進んでくる雨を感じるのはなんて素晴らしいんだ。

生きるっていうことは平和な事じゃないんですよ。

あしたも、きのうも、遠く離れている。

その奥さん、親戚は多いし知り合いも沢山いたんだ。でもね、言うまでもなく“知り合いが沢山居たって友達が一人も居ない” って事は有り得るんだよ。

たとえ作品が壊れてしまったとしても、作ったときの感動は消えることはないんだ。

たまには休むのもひとつの仕事じゃない?

僕は大嫌いなやつがひとりだけいるんだ。あの公園番さ。べからず、べからず、と書いてある札なんか全部引っこ抜いてやるぞ!

運命のドアも玄関のドアも開ける鍵穴は小さいものだよ。

1 2

 - 文学家 ,

スポンサーリンク

Sponsored Link

スポンサーリンク

Sponsored Link

  関連記事

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(Antoine de Saint-Exupéry)の格言・名言

フランスの作家、パイロット。代表作は『星の王子さま』『夜間飛行』『人間の土地』。 …

瀬戸内寂聴の格言・名言

天台宗の尼僧。比叡山延暦寺禅光坊住職。女性小説家。 生: 1922年5月15日 …

ハインリヒ・ハイネ(Heinrich Heine)の格言・名言

クリスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ(Christian Johann H …

夏目漱石の格言・名言

小説家、評論家、英文学者。大学時代に正岡子規と出会い俳句を学ぶ。主な作品は「吾輩 …

相田みつをの格言・名言

詩人、書家。旧制中学の頃から、禅に出会い、その後独特の世界観を書として表現する。 …

アルフレッド・テニスン(Alfred, Lord Tennyson)の格言・名言

ヴィクトリア朝時代のイギリスの詩人。美しい措辞と韻律を持ち、日本でも愛読された。 …

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau)の格言・名言

作家、思想家、詩人、博物学者。多くの著作に現在の生態学に通じる考え方が表明されて …

岡本敏子の格言・名言

画家・岡本太郎のパートナー。岡本太郎が結婚を望まなかったために養女として迎え入れ …

太宰治の格言・名言

小説家。主な作品は「走れメロス」「お伽草紙」「斜陽」「人間失格」など。 1948 …

アントン・チェーホフ(Anton Chekhov)の格言・名言

ロシアを代表する劇作家であり、短編小説家。駆け出しの頃は主にユーモア短編を書いて …