有名人の名言・格言集

あなたの人生を豊かにする名言集

ハインリヒ・ハイネ(Heinrich Heine)の格言・名言

   

Heinrich Heine

クリスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine)はドイツの詩人、作家、ジャーナリスト。抒情詩を初め、多くの旅行体験をもとにした紀行や文学評論、批評精神に裏打ちされた風刺詩や時事詩を発表。ハインリヒ・ハイネの詩には多くの音楽家から曲が付けられており、とりわけ『歌の本』から多くの歌曲が生まれている。

生: 1797年12月13日
没: 1856年2月17日(享年58歳)

ハインリヒ・ハイネ(Heinrich Heine)の格言・名言

結婚行進曲を聞くと、兵士が戦場へおもむくときに演奏される音楽を思い出す。

The Wedding March always reminds me of the music played when soldiers go into battle.

結婚 – いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことのない荒海。

Matrimony; the high sea for which no compass has yet been invented.

とことんまで恋したものは友情に手をつける。

おお、愛はわれらを幸福にする。おお、愛はわれらを豊かにする。

暗闇で盗み、暗闇で返すキス。そういうキスはなんと有頂天な気持ちにすることだろう!もし心が愛しているならば!

その美しい目で きみは僕をひどく苦しめ とうとう僕を滅ぼした 恋人よ それ以上なにが欲しい?

きみがつれなくすればするほど ぼくは一途に思いつめる なぜなら 親切なんかまっぴらだけど かわいい意地悪には ぞっこんまいるたちだから きみがぼくから解放されたかったら ぼくに惚れこまなくちゃいけないね

僕はおまえが好きだった。そして今でも好きなんだ。たとえ世界が木っ端微塵になったとしても、その残骸の破片から、恋の想いは炎となって燃え上がる。

恋はなにものも怖れない。いざとなれば、死神という天下無敵の強者のところへ走っていき、それを味方にする用意がある。死神を味方にした恋くらい強いものはない。

よくあることだが、きわめて美しい娘にかぎってなかなか夫に恵まれない。古代からすでにそうだ。ご存知のとおり三美神はみんなお嫁に行けなかった。

女というものは、どこまでが天使で、どこからが悪魔なのか、はっきりわからないものなのだ。

愛とは何か、とお前はたずねる。たちこめる霧に包まれた一つの星だ。

美しい五月になって、花のつぼみが燃えるとき、わが胸も愛の想いに燃え上がる。

恋に狂うとは、ことばが重複している。恋とはすでに狂気なのだ。

恋にとって昨日はなく、恋は明日を考えない。 ただ今日だけを、完全な今日を要求する。

 - 文学家

スポンサーリンク

Sponsored Link

スポンサーリンク

Sponsored Link

  関連記事

ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)の格言・名言

20世紀前半のドイツ文学を代表する作家。1946年に『ガラス玉演戯』などの作品が …

ヘレン・ローランド(Helen Rowland)の格言・名言

ニューヨークの新聞社でジャーナリストとして活躍。ウィットに富んだコラムを得意とし …

三島由紀夫の格言・名言

戦後の日本文学界を代表する作家。晩年は政治的な傾向を強め、憲法改正のため自衛隊の …

亀井勝一郎の格言・名言

昭和期の文芸評論家。聖徳太子や親鸞の教義を信仰し、その人間原理に根ざした宗教論、 …

オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac)の格言・名言

19世紀フランスを代表する小説家。代表作は『ウージェニー・グランデ』『ゴリオ爺さ …

フランツ・カフカ(Franz Kafka)の格言・名言

現在のチェコ出身のドイツ語作家。プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち …

アントン・チェーホフ(Anton Chekhov)の格言・名言

ロシアを代表する劇作家であり、短編小説家。駆け出しの頃は主にユーモア短編を書いて …

フランソワ・ド・ラ・ロシュフコー(François de La Rochefoucauld)の格言・名言

ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世はフランスの貴族、モラリスト文学者。多くの戦い …

スタンダール(Stendhal)の格言・名言

グルノーブル出身のフランスの小説家。本名はマリ=アンリ・ベール(Marie He …

ジョセフ・マーフィー(Joseph Murphy)の格言・名言

米国で活動したアイルランド出身の宗教者、著述家。主に牧師として活動した。代表作は …