有名人の名言・格言集

あなたの人生を豊かにする名言集

蒲生氏郷の格言・名言

   

gamouujisato

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。戦国武将としては珍しく側室を置かなかった。有名なキリシタン大名でもあり、洗礼名はレオン。イタリア人宣教師を家臣に迎え、ローマヘ使節団を送ろうとした。

生 弘治2年(1556年)
没 文禄4年2月7日(1595年3月17日)

蒲生氏郷の格言・名言

かぎりあれば 吹ねど花は 散るものを 心みじかの 春の山風
(辞世の句。自己の早世を嘆たもの。)

春夏秋冬どれか一つにかたよらず、家風を正すことが主将の器と言うべきであろう。
(均整のとれた家風をつくり上げることができるかどうかが大事)

スポンサーリンク

何のなにがしの家風は和を主とし、恩を貴ぶ。そのため士の多くは柔弱である。儀礼を知る者は多いが勇猛の士は少ない。また何のなにがしの家風は凛々と締まっていて、武道の心がけが良く、強い士が多いが、儀礼を知る者は少ない。この両家にはそれぞれ欠点がある。

第一、家中には情を深くし、知行を授けるように。知行ばかりで情がなければ、万全とは言えない。情ばかりで知行がなくてもこれまた虚しいことだ。知行と情とは車の両輪、鳥の両翼のようなものだ。
(知行とは現代で言う給与や報酬のこと)

商人などこそ利銭や利潤を第一に考えるのであるが、侍たる者は利銭や利潤などを心にかけてはならぬ。その年の知行や年貢を、来年の6、7月に払ったならば、その秋は1万石にかさむであろう。侍の本分は、武勇のある者を召し抱え置くにある。武勇の誉れさえあったならば、立身疑いなきものである。

侍たる者の心が小さくては、焼いても食えないものである。

 - 武将・軍人

スポンサーリンク

Sponsored Link

スポンサーリンク

Sponsored Link

  関連記事

伊達政宗の格言・名言

出羽国と陸奥国の戦国大名。陸奥仙台藩の初代藩主。幼少時に患った疱瘡(天然痘)によ …

ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte)の格言・名言

ヨーロッパの大半を勢力下に置いた軍人。1804年に即位式を行いフランス第一帝政の …

徳川家康の格言・名言

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で江戸幕府の初代征夷大将軍。織田信長と同盟 …

北条氏綱の格言・名言

小田原北条氏2代目で北条早雲の息子。早雲から家督を受け継ぎ領土を広げた。 生:1 …

北条早雲の格言・名言

室町時代中後期の武将で、戦国大名となった後北条氏の祖。伊勢宗瑞(いせそうずい)と …

吉田松陰の格言・名言

江戸時代末期の武士で明治維新の精神的指導者・理論者。松下村塾では、久坂玄瑞、高杉 …

豊臣秀吉の格言・名言

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、天下人、関白、太閤。明智光秀を破り、関白 …

宮本武蔵の格言・名言

江戸時代初期の剣術家、兵法家、二刀を用いる二天一流兵法の祖。生年及び出生地に関し …

武田信玄の格言・名言

戦国時代の武将、戦国大名。「風林火山」の軍旗を用い、甲斐の虎または、龍朱印を用い …

上杉謙信の格言・名言

戦国時代の越後国の武将、戦国大名。内乱続きであった越後国を統一し、産業を振興して …