有名人の名言・格言集

あなたの人生を豊かにする名言集

宮本武蔵の格言・名言

      2015/07/16

47e4e6f4a454060211a719df5a506bea

江戸時代初期の剣術家、兵法家、二刀を用いる二天一流兵法の祖。生年及び出生地に関しては諸説あるが、美作国宮本村生誕説が吉川英治の小説『宮本武蔵』などに採用されたため広く知られた。「五輪書」によると、13歳で初めて有馬喜兵衛と決闘し勝利、16歳で但馬国の秋山という強力の兵法者に勝利、以来29歳までに60回以上の勝負を行い、すべてに勝利している。

生: 天正12年(1584年頃)
没: 正保2年5月19日(1645年6月13日)(享年61歳)

宮本武蔵の格言・名言

身を捨てても名利は捨てず。

スポンサーリンク

一生の間、欲心を思わず。

空を道とし、道を空とみる。

観見二つのこと、観の目つよく、見の目よわく、遠き所を近く見、近き所を遠く見ること、それが兵法の要である。

打ち込む態勢をつくるのが先で、剣はそれに従うものだ。

人のまねをせずに、その身に応じ、武器は自分の使いやすいものでなければならぬ。

平常の身体のこなし方を戦いのときの身のこなし方とし、戦いのときの身のこなし方を平常と同じ身のこなし方とすること。

世々の道を背くことなし。

道においては死をいとわず思う。

多数の人間と戦う時は、こちらが待っていてはいけない。敵が四方から攻めかかってきても、むしろ、こちらから、一方へ追い回す心で向かっていくべきである。待っていてはいけない。こちらから強く切り込み、敵の集団を追いくずし、切りくずしていくのである。

武士といえば、常に死ができている者と自惚れているようだが、そんなものは出家、女、百姓とて同様だ。武士が他と異なるのは、兵法の心得があるという一点においてだけだ。

武士は己を知る者のために死す。

我、神仏を尊びて、神仏を頼らず。

千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす。

構えあって構えなし。

初めの少しのゆがみが、あとには大きくゆがむものである。

体の大きい者も小さい者も、心をまっすぐにして、自分自身の条件にとらわれないようにすることが大切である。

役に立たぬ事を、せざる事。

恋慕の思いに、寄る心なし。

心、常に、道を離れず。

身を浅く思ひ、世を深く思ふ。

一理に達すれば万法に通ず。

何れの道にも、別れを悲しまず。

我、事において後悔せず。

 - 武将・軍人

スポンサーリンク

Sponsored Link

スポンサーリンク

Sponsored Link

  関連記事

武田信玄の格言・名言

戦国時代の武将、戦国大名。「風林火山」の軍旗を用い、甲斐の虎または、龍朱印を用い …

上杉謙信の格言・名言

戦国時代の越後国の武将、戦国大名。内乱続きであった越後国を統一し、産業を振興して …

織田信長の格言・名言

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。1573年に足利義昭を京都から …

北条早雲の格言・名言

室町時代中後期の武将で、戦国大名となった後北条氏の祖。伊勢宗瑞(いせそうずい)と …

ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte)の格言・名言

ヨーロッパの大半を勢力下に置いた軍人。1804年に即位式を行いフランス第一帝政の …

蒲生氏郷の格言・名言

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。戦国武将としては珍しく側室を置かなかった …

伊達政宗の格言・名言

出羽国と陸奥国の戦国大名。陸奥仙台藩の初代藩主。幼少時に患った疱瘡(天然痘)によ …

北条氏綱の格言・名言

小田原北条氏2代目で北条早雲の息子。早雲から家督を受け継ぎ領土を広げた。 生:1 …

徳川家康の格言・名言

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で江戸幕府の初代征夷大将軍。織田信長と同盟 …

吉田松陰の格言・名言

江戸時代末期の武士で明治維新の精神的指導者・理論者。松下村塾では、久坂玄瑞、高杉 …